ボンド杯北陸地区大会2020年中学生優勝と小学生優勝は誰?

棋戦結果
スポンサーリンク

ボンド杯争奪全日本こども囲碁チャンピオン戦北陸地区大会

3月8日(日)に開催されたボンド杯北陸地区大会のレポートです。
今年はコロナウィルスの影響で規模を縮小して、入門教室・ハンデ戦は中止とし、代表決定戦のみの開催となりました。

ちょっと寂しいですが時期が時期だけに仕方ないですね。

開催日:2020年3月8日(日)
参加資格:地区大会開催時点で日本国内の幼稚園、保育園、小学校、中学校またはそれに類する学校に在籍する園児・児童・生徒。※外国籍の児童生徒も参加可。
会場:いしかわ子ども交流センター
金沢市法島町11-8(犀川、上菊橋南湖畔)
参加費:1,000円(参加賞付き)※昼食はご持参ください。
全国大会出場枠:小学生以下1名、中学生1名

中学生2名、小学生5名が参加しました。
代表決定戦なので当然ですが、全員有段者。
平均五段くらいでしょうか。なかなかハイレベルです。

対局風景です。
マスク姿が目立ちますが、みんな元気いっぱいでした。

中学生は三番勝負。
小学生は総当たりリーグ戦を行いました。

【上】は小学生のリーグ表 【下】は中学生の三番勝負の結果

 

さて、気になる結果ですが、、、下馬評通り昨年と同じ2人が優勝しました。
結果
中学生優勝 米澤涼雅(福井・高志中学校3年)
小学生優勝 長尾想太(石川・津幡小学校3年)

 

中学生優勝 米澤涼雅くん

小学生優勝 長尾想太くん

優勝した二人は3月26日(木)27日(金)に京都・聖護院御殿荘で開催される全国大会に出場します。

米澤君は昨年のボンド杯で全国7位入賞、長尾君は12月に開催されたこども棋聖戦低学年の部で全国優勝しています。

2人の全国大会での活躍に期待です。
がんばってきてください!

 

タイトルとURLをコピーしました