リレー碁選手権は石川県独自の大会その競技方法と2020大会結果

棋戦結果

今日は子供教室の生徒と一緒にちょっと変わった囲碁大会に参加してきました。

皆さんリレー碁ってご存じですか?

リレー碁、正式には「リレーGO選手権大会」は全国でも珍しく石川県でのみ開催されている囲碁大会です。

リレー碁の競技方法と2020年のリレーGO選手権大会レポート、そして結果をご報告します。

スポンサーリンク

第26回リレー碁選手権大会概要

【日  時】令和2年2月24日(月・祝)
【会  場】白山市民工房うるわし
【競技方法】
・3人1組のチームで対局を行う
・着手する順番は登録順に1人3手ずつのローテーションで行う
・情報交換の禁止(相談はNG)
・スイス方式にて順位を決める
・チームのハンデは3人の合計段級を3で割り四捨五入する
【表  彰】
・上位3チームを入賞として賞状と副賞を贈呈。
・その他飛賞として副賞を贈呈
2人対2人で対局するペア碁のことを俗に「敵が3人」なんて表現しますが、リレー碁は更に上をいく「敵が5人」状態です。
難易度めっちゃ高いです。
そして人間としての器が試されます。
いついかなるときも平常心が大切です。
大変なのですが通常より山あり谷ありの対局はとても盛り上がって楽しいです!

大会レポート

まずは開会式の様子です。
主催の金沢国際囲碁交流協会の石坂修一会長と神野正昭理事からのご挨拶。
今年の参加チームは22チーム。
コロナウィルスの影響もあり例年は4回戦まで行うのですが今年は3回戦で終了するというアナウンスがありました。
リレー碁は心身の消耗が激しいので3回戦くらいで丁度よいと思いました(個人の感想です)。
同じ囲碁教室に通う子供たち。
普段からよく打っているだけあって、とても良いチームワークでした。
午前2局打ってお腹が空いたところでお待ちかねの囲碁メシ。
このくらいの量が眠くならなくて丁度よいですね(個人の感想です)。
この後、午後1局打って競技終了となりました。

結果発表

入賞は以下3チームです。

優 勝 石斧会A

準優勝 金沢市役所A

第3位 白山支部E

この大会、飛賞があるのも特徴です。
飛賞はこちらのチームです。

第5位 白山支部A

第10位 金沢市役所C

第15位 シトラスA

 BB賞   白山支部C

詳しい大会結果はこちらの写真にてご確認ください。
3回戦で終わったため同じ成績のチームが多く、最後はじゃんけん大会になりました(笑)。
優勝した石斧会Aチームの皆さんです。おめでとうございます。

おまけ

私は子供教室の生徒2人とチームを組んで参加しました。

結果は○×○と2勝1敗、6位でした。

いつもは早打ちの2人ですが、今日はよく考えて打っていたと思います。

なんだか生徒が頼もしく感じられました。

 

タイトルとURLをコピーしました